矯正歯科HP HOME > 成人矯正 > 保定

保定

矯正治療で動かした歯や周辺組織を安定させます

矯正装置によって歯並びや噛み合わせが整ったら、その装置を外し、次はリテーナーという装置を付けます。
矯正装置を外したばかりの歯は元の位置へ戻ろうとする力が働いてしまうので、お口の状態を維持させるために装着します。リテーナーには自分自身で取り外しできるタイプと、歯に固定するタイプがあり、お口の状態によって異なります。
この期間を保定期間と呼び、保定期間中は、2~3ヶ月に1回お口の状態を確認させていただきます。

動かした歯は、なぜ後戻りしてしまうの?

矯正治療は、歯に弱い力をかけ続けることで、歯が動く性質を利用しています。
例えば矯正装置で右方向へ歯が動くように力を加えた場合、右側の骨が吸収され(破壊され)、力をかけた方へと歯が動きます。一方で、元の歯があったスペースには、時間をかけて新しい骨が作られます。動かした歯がしっかりと安定するには、一般的には矯正装置をつけていた期間と同じくらいの時間を要すると言われています。その期間中、お口の状態を維持させるリテーナーを装着していなければ、後戻りしてしまい(元のスペースに歯が戻ってしまい)、歯並びや噛み合わせが乱れてしまいます。

保定装置の種類

保定装置は、自分自身で取り外しできる「可撤式リテーナー」を使用していただくことがほとんどで、保定期間に移行してから一年間は、お食事以外は装着し続けることを推奨しております。
なお、保定装置は定期的に作り変えることが必要となることもあります。詳しくは担当の矯正歯科医師にご相談ください。

保定期間中に注意して頂きたいこと

出来るだけ長時間つけておくようにしましょう

整えた歯並びや噛み合わせを維持し続けるために、リテーナーは長期間装着しておくことが望ましいでしょう。

専用の洗浄液で手入れをしましょう

歯みがきの際に、併せてリテーナーの汚れも落とすことが必要です。リテーナーに汚れが付いたままでいると、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス