矯正歯科HP HOME > 成人矯正 > マウスピース矯正

マウスピース矯正

※現在は全顎矯正での取り扱いはおこなっておりません。

ワイヤーを使わず、目立たない矯正治療

目立たない矯正治療

透明で薄いマウスピースを一定期間装着し、歯の動きに応じて新たに作製したマウスピースに順々に取り替えて、少しずつ歯を動かしていく治療法です。
マウスピースの装着で歯を移動させますので、ブラケットやワイヤーなどの装置を歯につける歯列矯正よりも、口元が目立ちにくいメリットがあります。

しかし、弱い力でゆっくりと歯を動かしますので、唇側矯正や舌側矯正よりも治療期間が長くなる傾向にあります。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正が受けられるお口の状態は限られており、歯並びや噛み合わせの凹凸が大きい場合は、ブラケットやワイヤーなどの装置を歯につける唇側矯正や舌側矯正が適していると診断することもあります。また、自分自身で取り外しできるため、マウスピースを付け忘れる期間が長くなってしまうと、歯並びや噛み合わせに影響がでてしまうこともあります。

マウスピース矯正治療の流れ

検査・診断

歯並びや噛み合わせの状態を検査し、マウスピース矯正が行えるかどうか診断します。

マウスピース矯正を実施出来る方

マウスピース矯正法で歯並びや噛み合わせが整えられると診断された方は、歯型を取って、歯を動かすマウスピースを作製します。

マウスピース矯正を実施できない方

マウスピース矯正が適していないと診断された方は、ブラケットやワイヤーを歯の表側に装着する「唇側矯正」をお勧めしております。

マウスピースのお渡し・装着開始

マウスピース

製作したマウスピースをお渡しして、取り外しの方法や取扱いの注意点などのご説明し、歯列矯正が開始となります。

通常であれば2週間ごとに新しいマウスピースに取り換え、徐々に歯を移動させます。

完了・保定観察へ

唇側矯正・舌側矯正・マウスピース矯正の比較

  唇側矯正 舌側矯正 マウスピース矯正
審美性 金属製は目立ちやすい。セラミック製やプラスチック製などの装置であれば目立ちにくい。 歯の裏側に装置をつけるので、矯正治療中とは気付かれないこともある。 透明なマウスピースを歯につけるため、ほとんど目立たない。
治療期間 通常2~3年 唇側矯正よりやや長め マウスピースの装着時間によって大きく変わる
費用(上下) 700,000円(税抜)~ 840,000円(税抜)~ 1,200,000円(税抜)~
※全顎矯正の場合
適応症例 様々な不正咬合に対応できる お口の状態によってはできない お口の状態によってはできない
メリット 1.使用する装置を選択できる
2.矯正治療の中では最も一般的で、世界的にみても治療実績の多い方法
見た目に大きな変化がない 目立ちにくい
デメリット 金属性を選択した場合、装置が目立つ 1.他の方法よりも、治療に要する時間や期間が長くなる
2.費用が高い
3.微調整が難しく、お口の状態によっては限界がある
4.喋りづらく、口内炎ができやすい
5.違和感が特にでやすい
食事の際に外す必要がある
2.付け忘れると治療期間が長くなり、歯並びや噛み合わせに影響がでることもある
お手入れ 見える部分に装置がついているので、ブラッシングがしやすい 見えない部分に装置がついているので、ブラッシングにテクニックを要する 自分の歯とマウスピースそれぞれの清掃が必要

唇側矯正(表側矯正) マウスピース矯正

ページトップへ戻る

初診予約受付
無料メール相談
ご予約変更・キャンセル
無料カウンセリング予約
  • 審美治療部門
  • インプラント治療部門
  • 矯正歯科部門

吉祥寺セントラルクリニック
矯正歯科専門HP

〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
ジョージフォーラムビル5F
※吉祥寺駅北口隣接
※サーティワンアイスクリーム
ビルの入っているビルの5Fです

アクセス